2018年02月23日

世界を繋ぐ羽生結弦



あれから数日経っても、羽生の演技の偉大さへの
各国の反響が寄せられている。

それはそうだろう。
怪我のために全く情報もなく、一時は消えたと思っていた
羽生が、いきなり現れてぶっつけ本番で金メダル。

しかも、体調は回復していたわけではなく
痛み止めを飲んでの演技だったというのだから。

羽生が逆境の中、演じきった「SEIMEI」という選曲も
衣装も、全てが素晴らしかった。

彼が、2011年3月11日に東日本大震災を被災したことと
それは無関係ではないだろう。

あどけない笑顔の小顔の美少年は
「天空の人のよう、崇高な帝王のように堂々としていて、カリスマ性がある」

彼のスタイルは誰にも真似できない。

それを世界に知らしめた。

「彼の滑りは唯一の彼独特のものだ。比較できる選手などいないのだ」
「ハニュウ・ユヅルとは氷上の芸術」

イタリアのメディアでも特集され、その存在を讃えられている。

「記録にも、記憶にも残る演技をしたい」

羽生は試合前にそう言っていたが、その通りになり
伝説の人として、世界にその名前を永遠に刻んだ。

「取るものはとった。これからは金メダル選手として
人生を全うしたい」

羽生はフィギュアという競技の枠を超えて
世界を繋いで行くのかもしれない。

posted by すかい at 21:57 | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

わざわざ外側の渡辺を妨害しに

男子500メートル予選で2位になった渡辺啓太が
同じく2位の坂爪亮介とそろって準々決勝になった。

しかし、渡辺は、北と南に挟まれて危なかったが
すんでのところで助かったな。

時に北の選手のやり口がひどかった。

最初のスタートでも、北朝鮮のチョン・グァンボムが
自分が転んだくせに、渡辺の足を掴もうとしていた。

2回目のスタートでも、内側にいたのに
わざわざ外側の渡辺を妨害しに来てた。

ビデオ審議の後、セーフの判定が出て
「ちょっと怖かったけど、レフェリーが見てくれた」

胸をなで下ろす渡辺、よく逃げ切った。

しかし、あの映像を見た時には絶句した。

あんなあからさまに妨害行為って
スポーツマンシップはどこにある?

posted by すかい at 22:58 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

そんなキョンキョンに惚れられたんなら

小泉今日子の事務所独立宣言&不倫宣言。

まあ、言いたかったんだよね、キョンキョンは。

だけど、実際は不倫でもないのに
あれほど叩かれた小室哲哉の後に、ってのが
なんとも、うまいよね。

実際、可愛いけど、女優として一流でもない彼女が
どうしてここまで生き残ってこれたかって言うのも
不思議だ。

きっと、その心意気、って言うか
度胸ある生き様なんだろうけど。

確かに、不倫を騒がれて、嘘をついたりモゴモゴ言うより
数段かっこいい。

芸能界では、不倫なんて当たり前なんだろうから
不倫そのものより、それを隠さないってことが評価された。

とはいえ、著名人の自分や豊原功補はいいけど
妻子をいきなり土俵に引っ張り出したわけだからね。

今回ばかりはファンや世間を敵にしたんじゃないかな。

だって、わざわざ公表する必要ないことだもの。

それをあえてやった、って言うのは
奥さんへの宣戦布告、と言われても仕方ない。

小泉今日子は、何より、自分のイメージを
守ったことになるし。

なんか、相手への配慮あるようで、まるきりなかったよね。

豊原は豊原で、そんなキョンキョンに惚れられたんなら
男冥利に尽きるし、覚悟決めなきゃいけないのに
離婚できてない。

妻も愛人もどっちも手放せない
と言うのは、男の究極の本心なんだろうけどね。

それにしても、奥さんには一目惚れだったそうだけど
キョンキョンと添い遂げられるのか?


posted by すかい at 20:18 | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする